電気グルーヴ以来の衝撃!水曜日のカンパネラ!解説と曲紹介

水曜日のカンパネラ

2014年発売の4枚目のアルバム「私を鬼ヶ島に連れてって」

一部ではすっかり売れっ子になっております。
水曜日のカンパネラ、という名前の音楽ユニットです。
上の画像はアルバムのジャケットです。

この音楽ユニットは、なんというか女性ボーカル版の電気グルーヴという感じでしょうか。
しっかり作られたサウンドの上に、気の抜ける声の女性が気の抜けるラップを繰り広げます。
ミスマッチなのですが、なんだか心地よい。

なんか聞いていて楽しいので、最近良く聞いています。
ぜひ一度聞いてみてください!

千利休

新茶つまないつまらないやつに用はない。

桃太郎

伊集院光さんもお気に入りの曲としてあげてました。きびだんご。

ドラキュラ

血ぃ吸うたろか。

ラー

ルー?
ラー。

ナポレオン


あれ?かっこいいかも?

チュパカブラ


やっぱりカッコイイかも?

ユタ


カッコイイ!

ディアブロ

やっぱりなんか変だ。
いい湯だね。

ライヴには、コムアイさんというボーカルの女性しか出てこないようです。
また、気合の入ったライヴの際は、鹿の解体を行うらしいです。
むしろそっちがメインで歌がオマケだ、とも言ってました。
なぜ鹿の解体なんだろう。へんなの。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+