シンガーソングライターSilje Nes(シリエネス)!詳しい解説と曲の紹介。

どうも!
今回はノルウェーのシンガーソングライター、Silje Nesさんをご紹介します!

siljenes

Silje Nes

情報

1980年にノルウェーのライカンゲルという町で生まれました。
2007年に、Fat Cat Recordsから1stアルバムの「Ames Room」をリリースしました。
2010年に2ndアルバム、「Opticks」をリリースしています。
2015年にベルリン芸術大学で音楽研究のMA(修士号)を取得されたそうです。

こちらから試聴できます。
https://soundcloud.com/siljenes

Opticks

Crystals

ames room

感想

クラシックピアニストでもあるSilje Nesは、アルバムのすべての曲、すべての楽器を一人で演奏して、ミキシング作業までしているそうです。
現代のシンガーソングライターというのは、ギターを引いて歌うだけでなく、PCで楽曲の編集まで行ってしまうんですね。

小さな箱にさまざまな音がぎゅっとつめ込まれたような、不思議な音楽性です。
彼女一人で作っているからか、聞き手側も一人で狭い部屋の薄暗い明かりの中で聞きたくなるような曲ですね。
元気が出るというよりは、嫌なことがある時も、風邪を引いて寝込んでいても、静かにずっと聴いていられます。
なんだかぼーっと落ち着いた気持ちになれる、そんな音楽です。

採点

雰囲気…★★★★★
目新しさ…★★★☆☆
個人的な好み…★★★★★

点数をつけるとしたら、こんな感じですね。
斬新だったり、すごく新しい音楽性ではないのですが、一人で黙々と楽曲を作る姿勢は素敵です。
新しいアルバムはしばらく出されていないようですが、ぜひリリースしてほしいですね!

それでは!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+