温かみのあるゴシック体!「石井太ゴシック」&「こぶりなゴシック」&「游ゴシック」

ishii

こんばんは!
今日は歴史あるフォント「石井ゴシック」と、その意志を継ぐフォント、「こぶりなゴシック」「游ゴシック」をご紹介します!


写研 – 石井ゴシック

ishii

thumb_IMG_0486_1024thumb_IMG_0485_1024

1932年に作られた、歴史あるフォントです。
画像のものは一番はじめに作られた、石井太ゴシック体というフォントです。
この他に、石井細ゴシック、石井中ゴシック体、石井中太ゴシック体、石井特太ゴシック体とバリエーションがあります。
線の最後が広がって太くなっていて、筆で書いた文字に近い形をしています。
有機的で落ち着いた、綺麗な印象の文字だと思います。
けっこうクセもあって、「る」「ち」あたりは結構独特な形だなー、という感じですが、今そのまま使われていてもおかしくない形の文字を80年以上前に作っていたというのは、驚きです。

【追記】
石井ゴシックは作られた当初から、2度ほど大きな変化をしており、上の画像のものは1960年ごろにデザイン変更をされた後のものです。
1932年時点では、下の画像のような形でした。
結構印象が違いますね!
Twitterでご指摘いただいたニシ様、画像まで提供していただきありがとうございました!
CiAywYvU4AEQ3vC

こちらの素晴らしいフォントは、パソコンで使用できるデジタルフォントではなく、「写真植字」いわゆる「写植」という技法のために作られたフォントです。
文字の形のフィルムを並べて、それを拡大しながら焼きましすることで、好きな大きさの文字を作る技術です。
好きな大きさの文字を使えるというのは、金属版でスタンプのように印刷していた頃から比較すると、とっても偉大な進歩でした。
たぶん、携帯電話からスマートフォンになったくらいの、素晴らしい進歩だったかと思います。
写植という技術を発明し、株式会社写研を立ち上げたのは、このフォントの作成者の石井茂吉さんと、あの株式会社モリサワの創設者、森澤信夫さんでした。

写植という技術が流行していた際には、石井太ゴシックを持っていた「写研」という会社の印刷システムが、世の印刷物の大半を担当してた、なんていう話もあるほど、圧倒的なシェアを誇っていました。
それに対抗する二番手の写植機の会社が森澤信夫さんが写研から独立して立ち上げた、株式会社モリサワです。
しかしその後、素早いDTP(デスクトップパブリッシング=パソコンで文字組をして紙に印刷する技術)への対応から、モリサワのフォントが広いシェアを得ることになります。
写研は時代の変化に対応せず、写植機用のフォントをデジタル化することはありませんでした。
「石井ゴシック体」「石井明朝体」「ゴナ」「ナール」「スーボ」「スーシャ」「ナカフリー」などの大活躍していた書体達も表舞台から姿を消すことになります。
特に最も使われていた「ゴナ」という書体は印象のよく似た「新ゴ」に置き換えられる事が多かったようです。

ちなみにさらに前まで遡ると、最も古い和文ゴシック体は1890年代頃に使われていた「五號ゴチック」というフォントと言われています。
それまでは今で言うと毛筆書体や明朝体のような文字しか存在していなかったんですね!
その頃は文字といえば縦書き、もしくは右から左に書かれていたような時代です。

isigogo

五號ゴチックと石井ゴシックを比べてみました。
今のゴシック体とはちょっと雰囲気が違いますね。
でも、こういうカクカクしたゴシック体、昔の看板などで見たことがある気がします。
最初期のゴシック体フォントはかなり直線的で、記号としての意味合いが強かったみたいです。
新聞の見出しや看板の文字などに使われていたようです。

古い方の五號ゴチックと比べると、石井太ゴシックはとても読みやすく、更に人の手の温かみがあるように思います。
この温かみというのが実に重要で、温かみを込めるため、作者の石井茂吉さんは何万字もの文字を一人で作成されたそうです。
まだ書体作成のノウハウなどもないような時代、手作りでひとつひとつ文字を作るのは、まさに天才的であり、ある意味狂気すら感じる偉業だと思います。
写研はその偉業を大切にするあまり、デジタル化に踏みきれなかったのかもしれません。


凸版印刷株式会社&字游工房&大日本スクリーン – こぶりなゴシック

kobg6

2002年、凸版印刷、字游工房、大日本スクリーンの3社が共同で作成した、こちらのフォント。
凸版印刷から「石井ゴシック体などのような温かみを持った書体をDTPで使いたい」という依頼を受け、字游工房と大日本スクリーンが協力して作られた、という経緯があるそうです。
その名の通り、文字が少しこぶりで、普通に組むと文字と文字との間隔が離れ、ゆったりした印象になります。
ひらがなカタカナはかなり近い印象なのですが、漢字やアルファベットがやや直線的な印象です。
それでも、こぶりなゴシックはすごく良いフォントだと思います。
今でも商品名やポスター、バナーなど色々な場面でよく使われており、大勢に愛されているフォントです。


字游工房 – 游ゴシック体

fontゴシック_02

そしていよいよ真打ち登場!
2008年発売の字游工房の「游ゴシック体」です。
こちらのフォントも、「温かみがある文字」をテーマに作成されたゴシック体フォントです。

yugochic

他のフォントと比べて見ました。
游ゴシック、Noto Sans、ヒラギノゴシック、新ゴを対象に比較しています。
NotoSansとヒラギノゴシックは、本当に標準的な形のフォントなので、どんな場面でも使いやすいと思います。
何を持って「普通の文字」というのかは難しいですが、この2つのフォントはクセらしいクセがなく、どこに使っても大丈夫な素晴らしいフォントだと思います。

新ゴは直線的だけどふところが広く取られていて、親しみやすいフォントです。
直線的なフォントは近代的で無機質な印象になりやすいのですが、そんな中でもゆったりしたフォルムで親しみやすい新ゴフォントは、まるで可愛いロボット、つまりドラえもんのようなフォントだと思います。

しかし、やはり游ゴシックのように、人の手で書かれたような自然な温かさと優雅さを持つフォントは珍しいです。
この他にない特徴を持った游ゴシック&こぶりなゴシック。
1つめの特徴はふところ=文字の中にあるスキマ部分が他の文字よりもかなり狭い点です。
このふところの狭い文字は、キュッと引き締まった印象を与えます。

そして一番の特徴は線の端にある、絶妙なふくらみ。
その他のゴシック体フォントは線の端が、四角くなっているのが分かるでしょうか。
この膨らみがあるからこそ、「石井ゴシック」「こぶりなゴシック」「游ゴシック」は人の手の温かみが感じられるのではないかと思います!
職人技で作られた、こだわりのフォントです。
ちなみにこのこぶりなゴシックや游ゴシックを作成された「字游工房」は鈴木勉さん、鳥海修さん、片田啓一さんの3名で起こされた会社です。
この3名の方々、なんと実は元々写研の社員だったそうです。
游ゴシックは、今の日本を代表するフォントデザイナーの鳥海修さんが中心となって作成されたとのことですが、写研出身だからこそ、石井茂吉さんのつくったフォントに込められたものを現代に蘇らせる事ができたのかもしれませんね!


以上です!
僕自身「游ゴシック」がかなりお気に入りなので、ちょっとえこ贔屓気味かもしれませんが、ホントにホントに良いフォントなので、おすすめですよ。
しかもこのフォント「フォントなんか全然持ってない!」という皆さんも使うことが出来ます。
ご存知かと思いますが、お持ちのパソコンがMacOSX以降、もしくはWindows8以降であれば最初から搭載されていますね!
こんなに素晴らしいフォントが様々なOSで標準搭載されているというのは、嬉しい限りですね!
こちらの記事を読んで、ちょっとでも興味を持っていただけましたら、ぜひぜひ試してみてください!それでは!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+