まるで記号みたいなフォント!Futura

Futura

Futura見本

Futuraというフォントがあります。
フーツラとかフツラと読みます。
90年程前にドイツで生まれました。

上の画像を見ていただくと分かる通り、かなり直線的なフォントです。
このように、直線的なラインで構成された文字をジオメトリック・サンセリフといいます。
ジオメトリックは幾何学的という意味です。
サンセリフっていうのはいわゆるゴシック体のことです。
こういうタイプのフォントは独特の形をしているので、ソリッドで小綺麗で洗練された印象を与えたいときに使えます。
失敗するとかっこ悪くなってしまうので注意が必要です。

Futuraはジオメトリック・サンセリフの中でも割とよく用いられているフォントで、フォルクスワーゲンやルイ・ヴィトン、カルバン・クラインのロゴ等にも使用されています。
ブランドのロゴに使用されるというのは、それだけ良いフォントだということです。
たしかに、なんだかオシャレな感じですよね。


CenturyGothic

CenturyGothic見本

また、同じジオメトリック・サンセリフの仲間には、windowsPCに入っているCenturyGothicなどもあります。
Futuraによく似た書体ですが、CとかPとかQとかよく見ると結構違います。
もしWindowsの人がいたらカッコイイのでチェックしてみてください。
パワーポイントの資料なんかを作るときにアクセントにも使えそうですね。


Avant_Garde_Gothic見本

Avant_Garde_Gothic見本

コチラのAvant Garde Gothicというフォントもジオメトリック・サンセリフです。
CenturyGothicに似てますね。
ただコチラのフォントの特徴は合字機能です。
例えば「GA」と入力した時に、合字機能を使用すると文字と文字がくっついて、特殊な形になります。
タイトルやロゴのデザインに使うと良いかもしれませんね。

合字機能見本

合字機能見本

デザインに携わる作業等がある場合には、英文を扱う場合も多いかと思います。
そんな時に欧文フォントのことを多少なりとも知っておくと、何かと捗るかと思いますので、覚えておいて損はないですよ!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+