まるで時間が止まっているみたい!ダブステップダンスの有名ダンサーを紹介

みなさん、ダンスはお好きですか。
社交ダンス、フラダンス、ジャズダンス、ブレイクダンス、果ては盆踊りなど、ダンスと言っても、色々なダンスがありますよね。

実は近年、「ダブステップダンス」というダンスが新しく流行の兆しをみせているのをご存知でしょうか。
ダブステップとは、2000年頃にイギリスのクラブシーンで生まれたダンス・ミュージックです。
リバーブのかかったドラムパターン、細切れにされた音やボーカル、緩急のついた曲調などが特徴です。

こんな曲です。↓

そのダブステップに乗せて行われるダブステップダンスは、音に合わせたゆっくりとした動きから、急に速く動いたり、急に止まったりという緩急の付け方が特徴のダンスです。
「どのように動くか」ではなく「どのように止まるか」がポイントになっているというのが、他のダンスと少し違いますね。
本当に一時停止したかのように止まっていると、なんだか不思議でとってもクールです。

とりあえず、こちらの動画をご覧ください。


MARQUESE ‘NONSTOP’ SCOTT

このマーキューズ・スコットさんが、ダブステップダンスを世界に広めた第一人者と言われています。
この動画は、なんと全世界で1億回以上も再生されたようです。

マーキューズ・スコットさんは本人がCGなんじゃないかと思ってしまうくらい滑らかに動き、滑らかに止まります。
ダンスに詳しくない方も思わず目を奪われてしまいます。

こちらに彼を題材にしたドキュメンタリーもありますので、興味がある方はどうぞ。


Cyrus ‘Glitch’ Spencer

通称Glitch(グリッチ)こと、サイラス・スペンサーさん。
モヒカン頭が特徴です。
この方は、体のキレがすごいです。
ダンサーの好みにもよるのかもしれませんが、少しコミカルな動きが取り入れることもあるようです。


Bryan CHIBI Gaynor

通称CHIBI(チビ)こと、ブライアン・ガイナーさん。
名前の通り、小さな身体ですが、ダンスはものすごいです。
また、身体的な特徴が、人の注目をあつめるため、彼のダンサーとしての武器になっているとも言えます。
カッコイイですね。


Robotboys

こちらは二人組のダンサー、Robotboys(ロボットボーイズ)。
二人組みであることをフルに活かした二人のパフォーマンスは、ショーとしてものすごく完成されていると思います。
ぜひ一度、生で見てみたい…!


POPPIN JOHN

POPPIN JOHN(ポッピン・ジョン)さんは、かなりベテランの方のようです。
ダブステップダンスが生まれるよりも前から、こういった緩急の要素を強く意識したダンスの動画をyoutubeなどに投稿されています。
最初に紹介したマーキューズ・スコットさんとも交流が深いらしく、コチラの動画は2人で踊ったものになっています。
上手なダンサーの方は、コラボレーション動画なども数多く作成されていたりします。
複数人でのダブステップダンスもまた違った趣があり、オススメです!


Lia Kim

Lia Kim(リア・キム)さんは、アジア系の女性ダンサーです。
ダブステップダンス以外にも様々なジャンルのダンスをされているようです。
女性が踊っていると、また雰囲気が違いますね。動きが美しいです。
こちらもまた、かっこいいです。


Adilyn Malcolm

Adilyn Malcolm(アデリーン・マルコム)さんはまだ小学生くらいの女の子です。
しかし驚異的なセンスで大人顔負けのパフォーマンスを見せます。
まさに天才ダンス少女です。
身体のキレがすごい。
見た目はまだ子供なのに「かっこいい」って思ってしまいました!


以上でした!

僕が最初にマーキューズ・スコットさんのダンスを見た時には「静かできれいなダンスだなー」という印象でした。
ついつい見とれて、たくさんの動画を探して見続けてしまいました。
静と動を使い分ける不思議なダンス「ダブステップダンス」の紹介でした!

ではまた!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+