「ダサピンク現象」

ダサピンク

ダサピンク現象とは、適当なマーケティングで質の悪いものが出来上がってしまう現象のこと。

わかりやすい例として、「女性向けだからピンクでいいじゃん」的な発想で作られた、ヘンテコなピンク色の商品。
だからダサピンク現象。と呼ばれている。
特にピンクがダサいという意味ではない。

その他にも
「オタク向けだから可愛い女の子出しとけばいいでしょ」
「年寄り向けだから和風っぽくしとけばいいか」
「子供向けなら、人気のキャラクターくっつけとけばいいだろ」
とか、安易な発想からできてしまう商品を皮肉った、揶揄した言葉なのである。

ようするにセンスが悪くて、
「どうせデザインした人が安直な発想で作ってんじゃねーの?」
と思ってしまうようなもの。

もちろん、その発想自体がダメなわけではないです。
ピンクで素敵なものも、オタク向けアニメで素晴らしい物も、年寄り向けの本当に便利なものも、たくさんあると思います。

でも、なんか言葉の響きがいいですよね。
ダサピンク。
口にしたくなります。

なんとなくキティちゃんはダサピンクなものと親和性高そう。
あと、漫画や小説の実写版のなかに、ダサピンク現象がたくさん入っている気がする。
安直なキスシーンとか、安直な死亡フラグとか。

もしかすると、あなたの後ろにも、ダサピンクは潜んでいるのかもしれない。。。
よくわからない終わり方で終わる。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+